プロフィール

フォトアルバム

宮下 俊吉

1984年の夏、河口湖において行われたログスクールとの出会いが私の人生を変えてしまいました。大自然の恵みとも言うべき太い丸太を豪快に組み上げ創るログハウスに一目で魅了されその年には新婚の妻を日本に残し、カナダで行われたログスクールに参加している自分がいました。 シャトーモンテベーロ、イエローストーン多くの地域であった人々、また北欧(ホンカログ)との出会いも強烈でした。多くのログホームとの出会いは多くの人との出会いでもありました。 今のビ・ボーンがあるのも多くの人との出会いと協力のおかげだと思います。 住まい創りを通して感動を呼び起こすべきスタッフ一同更なる出会いを大事にし努力していきたいと思います。 ビ・ボーン株式会社 代表

スポーツ Feed

2011年10月22日 (土)

nikkei プラス1

最近どうしても走るネタが多くなってます.10年前を振り返ってみると体の調子が走り始めてからは俄然良くなってます。あの頃はひどすぎたようです。是非皆様にもお薦めです。日経新聞プラス1にて紹介されてましたランニングを長続きさせる方法。ベスト4を紹介致します。

1専用のシューズ、ウエアをそろえる 型から入る

2仲間を作る  環境を整える

3日記を付ける モチベーションを上げる

4食べ物や観光を楽しめる大会にエントリーする 先取りの楽しみ

こんなところが上位でした以外にもダイエット、健康維持は6位でした私の動機は犬の散歩でした。以上nikkeiプラス1プラスワンでした。

2011年8月31日 (水)

高原のワイン

2011083107480002 標高1000M山中湖花の都公園のぶどう棚に秋の実りです、忍野作業場に向かう途中道路沿いのぶどう棚、赤ワイン用のヤマソービニオンとマスカットベリーAこの暑さで今年の出来はどうなんでしょうか?興味あります。意外と高原である山中湖も日照時間長くワイン用のぶどうに適してるとの事。

 

 

 

 

 

 

 

 

2011083107480003 しっかりした粒に成長、味が楽しみです。花の都売店で販売してるそうです。

2011年7月23日 (土)

鉄人レース富士登山競走

RIMG2369

今回も富士山ネタです。今年も富士登山競走の季節、台風で心配されましたが、22日朝7時号砲一発スタートいたしました。出勤前に一番見渡しの良い通りにて観戦と応援、7時6分過ぎ金鳥居に先導のパトカー、先頭集団が現る。

 

 

 

RIMG2370

7時6分32秒スタートして6分あまり先頭の2人が目の前通過軽やかです標高3776Mいや3720Mぐらいまで全て上り鍛えられた強靭な肉体が弾んでます。

 

 

 

RIMG2373

続いてメインの集団総勢3500名ほどの参加年々人気が高まってるようです。5合目コースは2日で締切だったそうです、近いうち是非トライしたいものです。今年はなんと山頂コースで新記録2時間27分という素晴らしい記録が出たようです。信じられません、12日に5合目から山頂まで7時間かかってますのでこの記録の偉大さ実感であります。参加者の皆様に大いなる敬意を申し上げます。来年こそは??

2009年1月 5日 (月)

絆 箱根駅伝

去年同様箱根駅伝に釘付けでした。母校の栄誉、誇り、王者の意地、重圧、襷の重み、数々の要因はありますが、今回はなんと言っても東洋、早稲田のデッドヒート箱根の山でのドラマに尽きると思います。勝利したのはスーパールーキーを擁した東洋大学、なんと初優勝、そしてまさかの王者脱落、33年ぶりの襷復活、青山学院。襷に賭ける想いが絆となり、人々を感動させるのでしょう。困難を乗り越えるには携わる人の絆でどのようにでもなることを証明したように思います。天皇陛下は、新年のお言葉として、「人々の絆を大切にしてお互いに助け合うことによって、この困難を乗り越えることを願っています」と発表されたそうです。絆こそチャンスへのキーワード。全てのチームの皆様の絆に改めて感動です。

       箱根駅伝HP http://www.ntv.co.jp/hakone/index.html

2008年12月 2日 (火)

第33回河口湖マラソン

2008年11月30日天候晴れ、気温2.7度、湿度66%、風向き1.0M(午前7:00現在)去年参加した河口湖マラソンに急きょ当日エントリーにて参加しました。種目はファンラン11キロ、選手宣誓、生きること、走れることに感謝し、練習しすぎで調子に乗ってフルマラソンにエントリーしてしまいました。練習しすぎで疲労骨折もしてしまいましたが、必ずゴールに帰ってきます。500名から選ばれたユニークな宣誓後号砲一発スタート。快晴の河口湖を堪能致しました。来年は去年と同じようにフルマラソンに再度挑戦です。

  結果 1時間11分46秒 総合順位第372位/1749人中 

                 種目順位第6位/29人中(50歳以上)

  今年からはもう50歳以上カテゴリーになっちゃいました。

2008年10月13日 (月)

F1日本グランプリ

Pa128056 F1日本グランプリの決勝を観戦してきました。天候にも恵まれ、モータースポーツを満喫させて頂きました。なんといっても迫力満点爆音さながら疾走するマシンはまさしくテクノロジーの終結、これに人の感性が加わりマシンに魂が宿る。今回ご贔屓チームはホンカの故郷フィンランド出身真っ赤なボディカラーフェラーリ、チーム キミライコネン、観戦スタンドの座席もなんとフェラーリパドックの目の前、Pa128063 ピットインは写真のような一糸乱れぬ作業まさしく戦場の様相ドライバーだけでなく、組織の力が結果を左右する。その有様を体感できる場所でした。優勝はシンガポールに引き続くルノーアロンソ、第一コーナーの突っ込みは迫力満点、トップのハミルトンがこの時点で後退。熾烈なバトルが各所で炸裂。日本中島も健闘。最終15位にてフィニッシュ。

Pa128051 ライコネンの勇士。この直線時速300キロ以上のスピードほとんど信じられない世界。轟音でおなかはぶるぶる、コップはびんびん、もう耳は限界イアマフを購入、ほんとにあの轟音でぶるぶるして痩せる人もいるんじゃないかと思うくらいすごい。迫力でした。

   結果 http://wwwz.fujitv.co.jp/f1gp/index.html

2008年10月 8日 (水)

ありがとう王貞治監督

王、と云えば巨人,大鵬(お相撲さん)、卵焼きと言われた当時の定番の象徴である、読売巨人軍のスーパースターON王、長嶋の双璧の一人です。長嶋さん流の派手さはないが、一本足打法で我々が子供のころ野球を見るといえばこの二人の姿を見る。そして憬れたものでした。昭和32年巨人軍入団、52年本塁打756本の偉業を成し遂げ、53年には800号本塁打世界の王として野球界への貢献は計り知れないものがあるように思います。50年間(私の年と同じ)選手として、監督として、不遇なときも愚痴らず、言い訳をしない姿勢に共感を得るファンは多いと思います。ある面一つのことを成し遂げる当時の親父の背中を感じさせます。病気を克服し打ち込む姿はまさしく人生をも感じる野球道を感じます。奇しくも王監督の次代原監督が伝統の阪神との雌雄を賭ける今日10月8日1994年10月8日、長嶋監督が中日と雌雄を分けたのもこの日。王監督へのねぎらいの日になることを昔の野球少年として祈りたいと思います。

      ありがとう王貞治監督 そしてお疲れ様でした。

                     昔の野球少年より

2008年7月25日 (金)

鉄人レース

         祝 第61回富士登山競争

P7257246 号砲一発今年も鉄人レース富士登山競争がスタートしました。朝7:00選手の勇士をおさめ、声援を送ってきました。山頂コース21キロ標高差なんと3000メートル富士吉田のメイン通りをまっすぐ駆け上がり、山、山、山をひたすらに登る。

 ゴールは目の前の富士の山頂なんと例年トップは2時間40分から3時間ぐらい私がブログをアップする頃には頂上に着いています。参加された選手の日頃の鍛錬に敬意を表するとともに、各選手の健闘を心より祈念申し上げます。そしてようこそわが町においでいただきありがとうございます。P7257247

2008年5月26日 (月)

山中湖ロードレース

P5266888 2年ぶりに山中湖ロードレースに参加しました。今回は薪ストーブ屋さん(ブロス)http://www.bros-stove.com
さんの企画に賛同させて頂きました。

当日朝から大雨、予報も昼までは雨、よって開催中はずっと雨の予想一時キャンセルも考えましたが、意外と外気温が高く、暖かかったので、思い切ってスタート

湖畔一周コース13.6Kmなんと参加者12000人走りだすまでが大変、ゆっくり歩きながら調整、雨も3キロ地点でほとんど止み、雨合羽を脱ぎ捨身軽に。5キロ過ぎからは、かえって涼しく、走りやすかったように思います。7キロママの森の登りを超え下り、給水所で水、オレンジを補給、順調に10キロを過ぎ、無事ゴール。走れることに大いに感謝です。毎日の散歩が役立ってます。実感です。ブロススタッフの皆様有難うございました。来年も宜しく。

     写真 ブロス正選手用ユニフォームを着て走りました。

2008年3月27日 (木)

引き際

米大リーグ・パイレーツにマイナー契約で参加している桑田真澄選手が現役引退を表明したPL学園からジャイアンツ入りし、20年間以上投手としての活躍、単身渡米、野球の神様に感謝しながら自身を高め。最近は怪我から復帰し、私のみならず松井、イチローとの夢の対決を期待したファンも多かったと思います。野球というスポーツに自分の人生を見出し、野球道を究める、絶えず挑戦し続け自分自身を絶えず高める姿勢に共感をしてました。一つのことに自分自身をある面ストイックにど真剣に追求する。判断を等価交換的に下す、現代において彼の生き方に賛辞を送りたいと思います。誰しも過去の栄光、輝かしい業績があればあるほど引き際には己の考え方、生き方が反映されると思います。燃え尽きたという彼の言葉に日々の生き方の姿勢が如実に現れてるように感じました。私とちょうど10歳違いではあるが彼の野球観はこれからの野球界に十分役に立つことと思います。野球にこだわり続けた背番号18番大変ご苦労様でした。そして有難う。