プロフィール

フォトアルバム

宮下 俊吉

1984年の夏、河口湖において行われたログスクールとの出会いが私の人生を変えてしまいました。大自然の恵みとも言うべき太い丸太を豪快に組み上げ創るログハウスに一目で魅了されその年には新婚の妻を日本に残し、カナダで行われたログスクールに参加している自分がいました。 シャトーモンテベーロ、イエローストーン多くの地域であった人々、また北欧(ホンカログ)との出会いも強烈でした。多くのログホームとの出会いは多くの人との出会いでもありました。 今のビ・ボーンがあるのも多くの人との出会いと協力のおかげだと思います。 住まい創りを通して感動を呼び起こすべきスタッフ一同更なる出会いを大事にし努力していきたいと思います。 ビ・ボーン株式会社 代表

科学 Feed

2011年9月24日 (土)

雪化粧

2011092407150000

朝の散歩も気持ちよい時期になりました。朝一番山頂にうっすら雪化粧した富士の雄姿です。暑かった夏、もうあの暑さ来ないのでしょう。山の景色は秋の装いに変わりつつあります。確か昨年は9月25日だったように思います。概ね同じ頃。暑さ寒さも彼岸まで。先人の知恵に驚くばかりです。里では初雪が富士に降る頃稲を刈りの季節です。

 

 

 

 

 

 

2011092407380000 野アザミ の薄紫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山葡萄の紺紫、赤紫。自然は当たり前のように創造します。うっとりするばかりです。

2011092216070000

2008年7月21日 (月)

E-CAR(いい車)

P7207236 100V充電のエレクトリックカージラソーレ(ひまわり)に試乗する機会を得ました。コンセプトは以下の7つ。E-cology環境エコロジーを考えた超低公害車、E-conomy経済性電気自動車専用軽量ボディーの開発で、ガソリン車のリッター100KMに相当の燃費実現。E-nergyエネルギーE-arth地球、E-njoy楽しむ、E-xciteわくわく感、E-motion感動です。手軽に家庭用の電源コンセントより充電でき一回の充電で120キロ走行可能、トランクは350Lの大容量を実現、お買い物にも十分なスペースを確保P7207237

0-40KM/H3.1秒2.0Lガソリンエンジン車に匹敵する加速性、最小回転半径3mと小回りの利く設計になってます。CO2削減に一役も二役も貢献するエコカー登場です、なんと言ってもイタリアンカラーとスタイリッシュなフォルムがたまりません。

2008年6月12日 (木)

バイオマス発電

200806121120000 地球環境の見直しが盛んに議論されてる昨今、原油を初めあらゆる資源の不足、温暖化現象地球を大事にしなければという機運が高まってますが、家庭や、飲食店から派生する生ゴミによって発電できる施設の見学に行ってきました。商業ビルのテナントさんが一括して処理、この写真は娯楽施設の処理機です。300キロの生ゴミにて60kWの生産が可能になります。200806121124001 概ね1搬家庭3件分です。

 キッチンシュウターです、生ゴミを上の蓋より投入、大きなジュウーサーと思って頂ければと思います、この写真の機械により、液状化されたものよりメタンガスを発生させタービンを起動し、発電させる、集中管理を行ない、集荷、管理等を一括管理できる夢のシステムだと思います。起こした電気でLED光を使い野菜を育てる夢にような話も実現可能な日がすぐそこまで来ています。