プロフィール

フォトアルバム

宮下 俊吉

1984年の夏、河口湖において行われたログスクールとの出会いが私の人生を変えてしまいました。大自然の恵みとも言うべき太い丸太を豪快に組み上げ創るログハウスに一目で魅了されその年には新婚の妻を日本に残し、カナダで行われたログスクールに参加している自分がいました。 シャトーモンテベーロ、イエローストーン多くの地域であった人々、また北欧(ホンカログ)との出会いも強烈でした。多くのログホームとの出会いは多くの人との出会いでもありました。 今のビ・ボーンがあるのも多くの人との出会いと協力のおかげだと思います。 住まい創りを通して感動を呼び起こすべきスタッフ一同更なる出会いを大事にし努力していきたいと思います。 ビ・ボーン株式会社 代表

書籍 Feed

2009年1月30日 (金)

三国志

51m1s1wnd2l_sl500_aa240_1

三国志、昨年より読み続け16号を向えました。理想郷を創ろうと桃園の誓いを交わし関羽、張飛、それに三顧の礼でおなじみ諸葛孔明を加え蜀の国の統治を権力でなく人身の心を掴みまとめ上げようとするくだりになりました。

 魏の曹操は力の統治

 呉の孫権は絆の統治

 蜀の劉備は義(心)の統治

                 

                                         蜀の国創り大いなる展開の始まりです。

2008年4月24日 (木)

子供環境運動 Enviromental Children‘s Organization

51c36fb9z7l_sl160_aa115_1

1992年6月11日ブラジル・リオ・デ・ジャネイロで開かれた国連地球環境サミットにおいて当時12歳のカナダ人少女が世界各国のリーダーを前に6分間のスピーチを行った。そのスピーチは世界中の人々を感動の渦に巻き込み、いつしか「リオ伝説のスピーチ」と呼ばれるようになった。この少女セヴァン・スズキさん自然が大好きで、地球を守りたいと思って活動している。

仲間と子供環境運動を立ち上げる。その彼女のスピーチ私の話はウラもオモテもありません。私自身、未来のために・・・で始まります。手にとっての一読お勧めです。地球に優しくなどという傲慢な言葉は意味が異なることが分かるように思います。

       本の題名 あなたが世界を変える日

2008年4月 7日 (月)

ご縁に感謝

41jsflap0vl_sl500_bo2204203200_pisi

京セラ名誉会長稲盛和夫氏の経営哲学。人生の方程式を中国人で有りながら日本語で書いた中国人曹岫雲(So Shuun)氏、その書籍を読む機会を得ました。理解の深さに感激すると共に、学びというものは国境を超え人々に理解されるのだというように思いました。なんとその著者である曹岫雲氏にお会いすることができました。地元のある人を介してでしたが人の出会いの素晴らしさ、ご縁を感じさせて頂きました。著書の中 人生の結果、成功は=考え方×熱意×能力という稲盛哲学の教えを実践の書として分かりやすく確かな指針を与えてくれるように思います。P4066510 日々の経営,仕事や人生全般を導く書であると思います。お勧めです。

             曹さんと2ショット