プロフィール

フォトアルバム

宮下 俊吉

1984年の夏、河口湖において行われたログスクールとの出会いが私の人生を変えてしまいました。大自然の恵みとも言うべき太い丸太を豪快に組み上げ創るログハウスに一目で魅了されその年には新婚の妻を日本に残し、カナダで行われたログスクールに参加している自分がいました。 シャトーモンテベーロ、イエローストーン多くの地域であった人々、また北欧(ホンカログ)との出会いも強烈でした。多くのログホームとの出会いは多くの人との出会いでもありました。 今のビ・ボーンがあるのも多くの人との出会いと協力のおかげだと思います。 住まい創りを通して感動を呼び起こすべきスタッフ一同更なる出会いを大事にし努力していきたいと思います。 ビ・ボーン株式会社 代表

映画 Feed

2008年11月21日 (金)

三国志

51jb0nt820l_sl500_aa240_1_2注目の鬼才ジョンウー監督制作映画レッドクリフ(赤壁の戦い)の原作三国志が注目を浴びてます。1800年前の中国、政治の腐敗や民衆の反乱などにより王朝の支配力が衰退。各地の有力者たちは自身の勢力拡大の戦争に明け暮れていた時代の話。著名経営者や政治家等三国志を崇拝する方が増えてますが、私は改めて昔の床屋で読んだ漫画三国志を読み始めました。分かりやすくお勧めです、改めて横山光輝さんのパフォーマンスの高さ発見です。全30巻只今3巻目です。第1巻。欲望のままに生きる者。辛くても優しさ失わない者。知恵を巡らせる者その中で世を憂え高い理想と熱い友情で理想郷を創ろうとする劉備、関羽、張飛、高き理想の桃園の誓い

              同年同月同日の生まれではないけれど

              願うは同年同月同日の死

で始まる人徳と個性・・・ものすごいドラマの幕開けです。この後最大の戦い赤壁の戦いへと進んで行きます。

2008年1月29日 (火)

クリエイター

交通鑑定人、殺意ドクター欄丸などの漫画原作者でありウルトラマンマックス、修羅雪姫等数々の作品の映画監督でもある。梶研吾さんのライブトーク講演会に参加する機会を得ました。モットーがユニークです 好きなことしかやらない、地位名誉と金銭は求めない、現在はモットーに忠実に好きな漫画を書き、好きな映画を制作しているそうです。映画創りにおける数々のエピソード、香港の漫画家パトリック・ユーとのコラボ、経験談、テンポの良いお話伺えました。漫画には計算された作り方がある秘話。その中で巨人の星、あしたのジョー、タイガーマスクの原作者梶原一騎さんにから云われて忘れられない一言があると言うことで紹介された言葉 夢であればいいのにという思いは夢だったらいいのにという現実になるよと言われたことが印象に残っている。だから発想の導入として否定から僕は入ることが多いですよと話されてました。梶氏自身現状を絶対肯定で受け入れ、どのように喜んでもらったり、若しくは楽しもうという熱意が我々の経営に十分相通ずるものがあるように思いました。まさしくクリエイターと呼ぶに相応しい人に会えたこと感謝です。

梶研吾オフィシャルHPhttp://www.kengo.co.jp/